トップページともぞう本舗についてネットショップ取扱店舗出店カレンダー

ともぞう本舗の手ぬぐいの作り方


tedukuri.jpg

ともぞう本舗手ぬぐいは「手捺染(てなっせん)」という染め方をしています。
スクリーンプリントとも呼ばれます。

手捺染(てなっせん)の工程

出来上がり
↑上のデザインの手ぬぐいが出来るまで

1.デザインを決定します。 原稿

2.型を作成します。
●を赤、▲を青、■を黄緑にするので、
3色分の型を準備します。
丸版  三角版  四角版

3.色糊(染料と糊を混ぜたもの)を作ります。
   赤   青   黄緑
  色のり

4.捺染台(なっせんだい:生地を染める台)に生地を張り型を置いて染めます。
捺染台

   染色中
スキージー(布に印刷するゴムベラ)で色糊を生地に押し付けます。

染色中1

色糊が乾いてから、違う型を置いて別の色糊で染めます。
染色中2

色糊が乾いてから、さらに違う型を置いて別の色糊で染めます。
染色中3

5.すべての色糊が乾燥するまで待ち
乾燥中

手ぬぐいの大きさに裁断します。
裁断中

6.色を固着させるため、15分ほど蒸し機で印捺布(いんなつふ:染め終わった布)を蒸します。

7.染料や糊を水で色が出なくなるまで洗い落とし、
洗い中

8.今度はお湯で色が出なくなるまで洗います。
  洗い中

9.さらに洗剤で洗い、
  洗い中

10.最後にすすぎ洗いをします。
  洗い中

11.洗い終わった手ぬぐいを干し、乾かします。

12.アイロンをかけます。
  アイロンがけ

13.やっと完成です! 出来上がり


※以上の「4」~「6」の工程を繰り返して必要枚数を染めていき、その後「7」からの工程に移ります。

※捺染台の都合で多色刷りの「手ぬぐい」は、ともぞう本舗では一度に最大4枚しか染めることが出来ません。1色刷りでも版が詰まるので、一度に10枚が限度です。

手捺染(てなっせん)は色数と同じだけ型が必要となり、捺染台の都合もあるので大量生産が非常に難しい技法なのですが、細かい柄を表現できる特徴も持ち合わせています。


トップページともぞう本舗についてネットショップ取扱店舗出店カレンダー

ともぞう本舗とは


手染め手ぬぐい屋ともぞう本舗は、2009年10月から始まった店長兼工場長の「ともぞう」、営業担当の「営業部長」、宣伝担当の黒猫「む~広報部長」の3人でタッグを組んで東京の吉祥寺で頑張っている「小さな手染めの手ぬぐい屋」です。
店名はみんなが覚えやすくて印象に残るものにしようと、あだ名の「ともぞう」を使い「本舗」には本店、製造・販売元という意味があり、デザインから製作まで行っているのでピッタリだと思い「ともぞう本舗」と名づけました。

手ぬぐいは手捺染(てなっせん)という技法で染料を使って1枚1枚染め、刷ったあと色を定着させるために蒸して色を固着させ、余分な染料を落とすために何度も洗っているので、すぐに使っても大丈夫です。

手ぬぐいの柄は古くから使われている日本の文様を中高校生もかっこいいと思って使ってもらえるように縁起のいい文様やおめでたい文様の意味を考えながら「ひとつだけ違うシリーズ」や「ちょっと見ただけでは分からないシリーズ」などくすっと笑えて持っていて楽しくなるようなデザインを目指し、割付文様(通称和柄)の手ぬぐいは名前や柄を覚えてもらおうと思って製作しています。

tomozouhonpo_members.png

ともぞう本舗の手ぬぐいの作り方はこちら
  
tomozo_sub2_2012_9.jpg

- 過去の出店及び販売実績はこちら -
- 過去の展示及び製作実績はこちら -
- 過去の掲載実績はこちら -

□□□ お問合せはこちら □□□



Facebookページ
ともぞう本舗Facebookページでは、出店状況や日々のことなど最新情報をアップしています。
当日の出店状況などはこちらでご確認ください。



tomozou.jpg

ともぞうのひとりごと
ともぞうの何気ないことをのんびり書いていこうと思います。

twitter-bird.png @tomozou_honpo
ともぞうが何となくつぶやきます。黒猫む~広報部長がよく登場します!


ともぞうプロフィール



eigyoubutyou.jpg

営業部長のぼやきブログ
営業部長が好き勝手にいろいろなことを書いています。
ともぞう本舗のことは少ないかも・・・

twitter-bird.png @th_sd
こちらも営業部長が好き勝手にくだらないことをつぶやきます。



mu.jpg

ともぞう本舗の人気者黒猫の「む~」広報部長は「Facebookページ」「ともぞうのTwitter」で頻繁に登場します!
む~広報部長の子供の頃のブログもよろしければご覧ください。

Instagram.png tomozouhonpo
む~広報部長がメインのInstagramを始めました。よろしければご覧ください。



製作日記 は終了しました。
ともぞう本舗を始めたときから書いていました「製作日記」ですが、ホームページのリニューアルを機にいろいろ悩みましたが終了することにしました。長い間お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m
リンクなども貼っていますのでブログ自体はそのまま残しておきます。
今後は、ともぞう本舗のことについてはホームページ内の「広報部通信」として書いていきますので、こちらをご覧いただきますようよろしくお願いいたしますm(_ _)m




トップページともぞう本舗についてネットショップ取扱店舗出店カレンダー

ともぞうプロフィール

IMG_5806-3.jpg
日本文様検定を受験したことがきっかけで、元々日本で使われてきた文様の意味が忘れ去られていくのを寂しく思い、祖父母が呉服屋だったこともあり、何か伝えられる手段がないかと思案していたところ、たまたま出会ったのが手ぬぐいでした。
そのため手ぬぐいの柄は古くから使われている日本の文様を中高校生の甥っ子たちもかっこいいと思って使ってくれるように縁起のいい文様やおめでたい文様の意味を考えながらデザインし、割付文様(通称和柄)の手ぬぐいは名前や柄を覚えてもらおうと思い製作しています。

そして現在の手ぬぐいの技法の主流は注染ですが、手捺染(てなっせん)という技法で染料を使い1枚1枚自分自身で染めています。手捺染は色のり(元糊に染料を混ぜたもの)で染めるため、柄が細かくグラデーションがかけられ、手ぬぐいに裏表が出来るのも特徴です。

「ひとつだけ違うシリーズ」や「よく見ないと分からないシリーズ」など、大柄ではなく、くすっと笑えて持っていて楽しくなるような細かい柄の手ぬぐいを製作していますので、是非一度細かいところまで説明書きを見ながらご覧いただけたら幸いです。

-------------------------------------------------------
【 略 歴 】
1998.07
ファッションコーディネート色彩能力検定2級 取得
2000.06
カラーコーディネーター検定2級 取得
2008.02
社団法人日本図案家協会日図文様資格検定2級 取得
2008.06
学校法人杉野学園オープンカレッジにて捺染(なっせん)を染色作家 加藤良次氏に学び、手ぬぐいの製作を始める
2009.09
ともぞう本舗として活動開始
2009.10
井の頭恩賜公園アートマーケッツチャレンジで初出店
2010.02
ネットショップ「ともぞう本舗(通販部)」開設
2010.04
井の頭恩賜公園アートキャスト登録
2010.04~
井の頭恩賜公園アートマーケッツにて手ぬぐいの販売を始める
2010.10
ともぞう本舗 吉祥寺工房 開設
2011.07~
吉祥寺ハーモニカ横丁朝市初出店
2012.03
ネットショップiichiにて販売開始
2012.08
個展「出会い~手ぬぐいは1枚の布です~」
2012.09~2012.01
スターバックス吉祥寺中道通り店内にて手ぬぐいを展示
2013.07~
吉祥寺珍来亭店内にて手ぬぐいを展示中
2014.07~
吉祥寺中道通りハウス秋山駐輪場にて手ぬぐいの販売を始める
2014.10
グループ展「猫、または猫的なもの」参加
2015.07~2015.08
パルコブックセンター吉祥寺店「手ぬぐいフェア」参加
2016.06~
タリーズコーヒーnonowa武蔵境店内にて手ぬぐいを展示中

吉祥寺中道通りハウス秋山駐輪場」、「井の頭公園アートマーケッツ」、「吉祥寺ハーモニカ横丁朝市」など吉祥寺を拠点に活動中


トップページともぞう本舗についてネットショップ取扱店舗出店カレンダー

お問合せ

手染め手ぬぐい屋 ともぞう本舗
MAIL : tomozou.honpo@gmail.com
TEL  : 090-6345-4723

【出店予定はこちら】 → 出店情報へ

【過去の出店及び販売実績はこちら】
出店及び販売実績
【過去の展示及び製作実績はこちら】
展示及び製作実績
【過去の掲載実績はこちら】
掲載実績